excitemusic

笑いを目的としたオイラの経験日記・・・たぶん  (Mさんに書いてもらいました♪最高~♪ありがとうね)
by panyanowakki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
SLAVES RAVE
from VILUE=詞人の生液=VO..
がんばるよ。
from きゃらめる日記
GW
from きゃらめる日記
笑い飯_プロフィール情報..
from お笑い芸人情報局
禁煙と煙草
from 育毛サポートWEB
ネット犯罪の事例と迷惑メ..
from ネット犯罪の手口
もうすぐWBC決勝がはじまる
from 役立つ情報のジオログ
豚丼
from ちょこっと知っておきたい食事..
リンク
<CENTER>リンク</CENTER>
作詞しようよ!作詞サイト唄を投稿してます。作詞仲間が集まる大切な場所

cunecuneのんのさんのプログ可愛らしいプログです。


<CENTER>リンク</CENTER>


駄目子の記録(くたばれ、ダメ人間)ナコちゃんのプログ
満開!喜怒哀楽~冬休み限定☆あっきぃのプログ



<CENTER>リンク</CENTER>


momoの缶詰momoさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


紅花林檎さんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


tsuzurizm(つづりずむ)izuiさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


WonderWords&WanderWorlds!!poulさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


ココロ開くまで、アシ開かんやろ、やっぱ☆マミ姉のプログ。恋愛日記。笑いあり、感動あり。ええ女目指してガンガっておられます。
無料で募金ができます。ご協力願います。


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


離婚

今回「今、考えやんと・・・」です。
しかも、悲しい話。  見たくない方はスルーして下さい。気分害されても責任取れませんw


離婚・・・結ばれる者もいれば、当然別れるものもいる。
オイラは結婚もしてないのに、離婚に対してどうこう言える事はできん。
それぞれの人の理由がある。離婚は駄目って一丸に言えない。

だけどね、オイラは離婚という言葉に凄く悲しい思い出がある。

オイラの両親が小さい頃から離婚の話ばっかりしてたからね。
5歳くらいの時には物心ついててんけど、離婚の意味も知ってた。

でもこればかりは、どうしようもない。オトンとオカンが一人の男と女って思えるようになったのは高校生の時。
でもね、小さい頃のオイラにとったら、オトンとオカンが離婚するって事がたまらなく嫌やったな。

結局は今も離婚せずに一緒に住んでるんやけどね。

今から1年半ほど前、オイラ パンの勉強をする為に東京に3ヶ月住んでてん。

ある日に電話があってん。

姉ちゃんからの電話。
オカンから姉ちゃんのところ危ないって聞いててんけど、内緒にしててって言われたから知らんフリしててん。

姉ちゃん「もう、聞いてると思うねんけど、離婚してん。」
オイラ「なんで?」

姉ちゃん「他に若い女作りよってん。」

実はそれもオカンから聞いてた。姉ちゃんは気が強い性格。旦那の家に嫁いでんねんけど、浮気を知った時、旦那を出て行かせたらしい。
でも、向こうの両親とも一緒に住んでいる訳で、居心地は悪かったと思う。
聞くところによると、旦那はその若い女と別れられないらしい。
そして、姉ちゃんが出て行ったらしい。

予想外だった。あんなに幸せそうな夫婦だったのに・・・。

電話の内容は今働き出した保険会社のノルマの為に保険に入って欲しいとの事。
たった一人の姉弟。姉ちゃんには小さい頃からいっぱい助けてもらった。

その電話越しに泣きじゃくる姉ちゃん。
気の強い姉ちゃん、オイラに涙を見せるのは子供の頃喧嘩したっきり。

オイラ「姉ちゃん、どうしたん?」
姉ちゃん「お父さんもお母さんも全然話し合いに立ち会ってくれへんねん。あたし一人で責められてばっかで・・・。子供の教育費も全然払ってくれへんし。」

オイラ「今度の休みの日に俺が行ったるわ。」
姉ちゃん「ありがとう。でもあんた行ったら喧嘩になるやろ。」
オイラ「・・・そら向こうの言い方次第や。」

姉ちゃん「今日は保険に入って欲しくて電話してん。」
オイラ「保険?入ったるよ。資料送ってきてよ。そんなことより、生活できてんか?」

姉ちゃん「うん、少し貯金してたから今は何とかやっていける。」
オイラ「子供は?」

姉ちゃん「今それで、もめてんねん。」

結局2人いる子供のうち、長男は旦那のところ、次男は姉ちゃんに引き取られることになった。
小学校4年生と2年生。
離婚の意味も充分わかる歳。
兄弟が離れ離れになる。悲しい事だ。

子供に罪はない。長男は学校で「ぼくら、兄弟もうすぐ離れ離れになるねん。」って言っているらしい。どういう感情なんだろう?今の子供は離婚という意味をどんな思いで受け止めているのだろう?少なくてもオイラが小さい頃に思った悲しい感情を持っているだろうか?

下の子はまだ理解してないかも知れない。離婚後、少し会ったが無邪気に笑っている。
笑うという感情で全てをふさいでいるかも知れない。

何度も言うが子供に罪はない。

いつか、両親が離婚したという事に、心をコントロールする上で、挫折や路頭に迷い、傷を深く負い、道を外れないか心配だ。
ただ、真っ直ぐ生きて欲しいと思う。
    
正月に会った姉ちゃん、少しやつれたかな?
オイラ「姉弟やけ、助け合わなな。」

姉ちゃんはやっぱり何処か淋しげだった。

「ワシも長くない。死ぬ前に孫を見せてくれ」というオトン。
「慌てやんでいい。いい人が出来たら結婚したらいいねん。」というオカン。


ごめんよ、オイラは多分結婚する気はないです。

いつか作った詞「家族が家族である為に」(太字が姉ちゃんの事を綴っています)





家族が家族である為に


悲しみは捨てて 来たはずなのに
何故遠くを 見てしまうのだろう?
少年のように 無邪気に笑っていたいだけ
笑えば尚更 心が泣いた

息が詰まるほど 脅えていた暮らし
割れた窓から 悲鳴という風が吹く
ここで死んだら 楽になれるのかな?
生きろと誰が 言えるのだろう

未来など望む すべは無かった
生きる意味さえ 見失っていた
当たり前にように ひたすら生きていたいだけ
歩けば尚更 胸を叩く

薄暗く狭い 階段の下
母はいつも 独りで泣いていた
ここで生まれた 寒すぎる家族の行方
耐えろと誰が 言えるのだろう

家族の中の 愛情と言う小さな幸せは
私が思うよりも 深さがあったみたいだ
疲れ果てた 母の手のひら
誰よりも誰よりも 苦労を知っています


ひたむきに働き 続きた背中
泥にまみれた 涙を汗に変えた
多くを語らない 無言の瞳の中
背負えば尚更 酒に溺れた

怒鳴り始めた 重なる痛みに
耐え切れず 父の頬を殴った
そして父が家を出て 母が泣き私が泣き
泣くなと誰が 言えるのだろう

家族の中の 絆と言う小さな繋がりは
私が思うよりも 大切だったみたいだ
汗にまみれた 父の背中
誰よりも誰よりも 輝いています


苦しみが悲しげな 最後の選択を
成すすべも無く 未来を進む時
初めて見せる 弱さという心
言葉は尚更 痛みを知る

幸せが突然 崩れ落ちた時
悩み続けた 2人の子ども達へ
父と母は 暮らせなくなったんだよと
優しく誰が 言えるのだろう

家族の中の 安らぎという小さなひと時は
私が思うよりも 素晴らしかったみたいだ
言葉にできない 姉の優しさ
誰よりも誰よりも 心打たれます


私の中の 家族と言う大きな存在は
私が思うよりも 愛していたみたいだ
だから願うのならば 強く生きたい
誰よりも誰よりも 守りたいのです 
[PR]
by panyanowakki | 2006-01-30 19:57 | 今考えやんと、いつ考えんねん
<< 小悪魔なオイラ 名言 >>