excitemusic

笑いを目的としたオイラの経験日記・・・たぶん  (Mさんに書いてもらいました♪最高~♪ありがとうね)
by panyanowakki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
SLAVES RAVE
from VILUE=詞人の生液=VO..
がんばるよ。
from きゃらめる日記
GW
from きゃらめる日記
笑い飯_プロフィール情報..
from お笑い芸人情報局
禁煙と煙草
from 育毛サポートWEB
ネット犯罪の事例と迷惑メ..
from ネット犯罪の手口
もうすぐWBC決勝がはじまる
from 役立つ情報のジオログ
豚丼
from ちょこっと知っておきたい食事..
リンク
<CENTER>リンク</CENTER>
作詞しようよ!作詞サイト唄を投稿してます。作詞仲間が集まる大切な場所

cunecuneのんのさんのプログ可愛らしいプログです。


<CENTER>リンク</CENTER>


駄目子の記録(くたばれ、ダメ人間)ナコちゃんのプログ
満開!喜怒哀楽~冬休み限定☆あっきぃのプログ



<CENTER>リンク</CENTER>


momoの缶詰momoさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


紅花林檎さんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


tsuzurizm(つづりずむ)izuiさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


WonderWords&WanderWorlds!!poulさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


ココロ開くまで、アシ開かんやろ、やっぱ☆マミ姉のプログ。恋愛日記。笑いあり、感動あり。ええ女目指してガンガっておられます。
無料で募金ができます。ご協力願います。


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぬおおぉぉ~「なんじゃ、こりゃぁ~!!」(松田優作 風)その1

ちょっと、熱あって寝とったから更新予定が遅れた。
そんな事はどうでもいいんじゃい!!

今回は就職してからのネタいきまっせ。

丁度、就職して2年経った頃の話やねんけど20歳頃の夏やったかな?

丁度付き合ってた子と別れて2週間くらいやったと想う。

別れてから3日間は飯も、ろくに食えんくらいショックやってん。

その頃オイラは会社の寮に住んでいて2人部屋で2歳年上の先輩と一緒の部屋やってんけど、始めの3日間はほんま落ち込んで寝込んでたわ。(+_+。)

先輩「おい!飯食いにいくぞ」
オイラ「食欲ないからいい・・」
こんな具合に3日間続いて、さすがに4日目くらいから食いだしたけど。

そんなある日、夜勤明けに3人で風呂入っててん。1歳上の先輩と2歳下の後輩とオイラで。
男子寮やから、夏場の風呂上りはトランクス一丁やがな。
オイラが洗濯してて、先に歩いてる2人に
「飯、食いに行くぞ~」と叫んだら、後輩が先輩にかすかに聞こえるような内緒話で
「中前さん、別れた時飯食えんかったらしいで」とにやけててん。

オイラはあの野郎余計な事を言いやがってと思いながら、廊下を走って
「何をこそこそ言っとんねん~」と飛び蹴りくらわそうとしたら・・・・














































               ☆ゴチーーーーーーーーーーーン☆

天井から出っぱってるコンクリートみたいなものに、おもいっきり頭ぶつけた・・・・・。(;゚ロ゚)

「痛ぇ~~」うずくまってるオイラに始めは笑ってたが次第に2人の顔色が変わった。


































































































           額から ピューピュー血が出てますやん!!
           オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

瞬く間に廊下は血の海・・・。ありえんぐらい血が流れた・・・。
先輩と後輩は混乱してるし。
何故かオイラは凄く冷静。
後輩にバスタオルを貸してもらい出血している部分を押さえ、先輩に寮管さんに言って救急車呼んで欲しいと頼んだ。

オイラもこういう怪我の対応はよく分からず、とりあえず横になって寝ていた。
心配そうに見ていたのでちょっと和ませる為に言った。













































            「大仁多 厚(プロレスラー)みたいやな!」

こんなつまらん事しか言えん自分が嫌・・・・。
少し、オイラが気持ちの上で余裕があるように思ってもらえたらしく、2人共落ち着いてきた。

そうこうしてるうちに寮管さんがやってきて、何故こんな怪我したのか聞かれる。






































              ジャンプしたら頭 打ってん!! (゜∀゜)」
           (まさか、ふざけて飛び膝蹴りしたとは言えなかった)

少し遅れて救急車の到着。

救命員「大丈夫か?意識はしっかりしてるか?」
オイラ「大丈夫です。」
救命員「歩けるか?」
オイラ「歩けます。」
救命員「そのまま救急車まで来てくれ。」



オイラ(なぬ~トランクス一丁だよ・・・。)
オイラ「ズボンはきたいのですけど・・」
救命員「出血ひどいから、はかなくていいからそのまま来てくれ」

仕方なくそのまま救急車へ。

病院に着きタンカーごと運んでくれるかと思うと・・

救命員「歩けるか?」
オイラ(何ぃ~、この格好で病院に入れというのか!!)
オイラ「歩けます。」 おいおい俺は何を言っとるねん!

患者がたくさんいる中、トランクス一丁で血に染まったバスタオル・・・目立ちすぎ・・恥ずかしすぎ・・。正直、バスタオルで、下半身隠したかった・・。(だってそういう歳頃ですもの・・)

手術室に横たわり治療を受ける。

看護婦「もう、大丈夫ですからね。」
看護婦さんが優しい言葉をかけ、流血を押さえていたバスタオルを取る。

看護婦「血管が切れたみたいなので少し縫いますね。」
オイラ(だから出血してるんじゃん!!)と思いながら素直に「はい」と言う。

先生がやってきて治療が始まる。







































看護婦「ひゃぁ~・・・先生、ピュッピュッ血が出て、止まりません。」
おいおい、大丈夫かこの看護婦。患者心配させてどないすんねん。























































看護婦「先生、血圧、低下しています。」
・・・・・・・・あかん、ほんまに意識が薄れてきた。





こんなアホみたいな事で死んでたまるかと、自分に気合を入れ意識を保とうとする。
 
そして治療終了~。

看護婦「もうだいじょうぶですよ^^」













































































          (お前が大丈夫か!!!!!!)(゜Д゜)

とにかく無事止血終了~。包帯で巻かれた頭で夜に出勤。

後日、自転車で病院に向かう時、信号待ち。向こうに高校生くらいと思われる可愛い子発見!
台風が近づいていることもあって風が強い。 風が吹いて被ってた帽子が飛んだ・・・・

































































           逆モヒカン見られて笑われてもうた・・・・!!!


               まぁいいさ、もう会う事もないだろうしね。

              これもまた 人生さ・・・・。

次回更新予定  5月27日
[PR]
by panyanowakki | 2005-05-25 01:44 | それ、笑えんやろ!?
<< ぬおおぉぉ~「なんじゃ、こりゃ... アンタの人生あっぱれです。 >>