excitemusic

笑いを目的としたオイラの経験日記・・・たぶん  (Mさんに書いてもらいました♪最高~♪ありがとうね)
by panyanowakki
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
SLAVES RAVE
from VILUE=詞人の生液=VO..
がんばるよ。
from きゃらめる日記
GW
from きゃらめる日記
笑い飯_プロフィール情報..
from お笑い芸人情報局
禁煙と煙草
from 育毛サポートWEB
ネット犯罪の事例と迷惑メ..
from ネット犯罪の手口
もうすぐWBC決勝がはじまる
from 役立つ情報のジオログ
豚丼
from ちょこっと知っておきたい食事..
リンク
<CENTER>リンク</CENTER>
作詞しようよ!作詞サイト唄を投稿してます。作詞仲間が集まる大切な場所

cunecuneのんのさんのプログ可愛らしいプログです。


<CENTER>リンク</CENTER>


駄目子の記録(くたばれ、ダメ人間)ナコちゃんのプログ
満開!喜怒哀楽~冬休み限定☆あっきぃのプログ



<CENTER>リンク</CENTER>


momoの缶詰momoさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


紅花林檎さんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


tsuzurizm(つづりずむ)izuiさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


WonderWords&WanderWorlds!!poulさんのブログ

<CENTER>リンク</CENTER>


ココロ開くまで、アシ開かんやろ、やっぱ☆マミ姉のプログ。恋愛日記。笑いあり、感動あり。ええ女目指してガンガっておられます。
無料で募金ができます。ご協力願います。


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:今考えやんと、いつ考えんねん( 122 )

どしゃぶりの雨の中で


人を傷つけてでも手に入れたいものがあった。

誰に責められても譲れないものがあった。

深い暗闇の中でわずかな光が見えた。

何を犠牲にしてでも掴み取りたかった。



外は雨だった。

震えた子猫が鳴いていた。

ずぶ濡れの中で子猫を抱しめた。

確かな心音とぬくもりの中、

癒されたのは僕だった。




*今日は頂いたコメントに返信出来なくてごめんなさい。
[PR]
by panyanowakki | 2006-05-29 09:46 | 今考えやんと、いつ考えんねん

じっとしてられない時がある。

出勤前にちょこっと。

オイラは彼女に「俺の事を信用しろ」とは言わない。
信用できる人間ではないからだ。

彼女にもう1つ言ってある事がある。
「知り合いが困ってる時、彼女の約束をほったらかしてでも、知り合いの為に時間を作る」

それは男女問わず。

彼女は良い子だ。私を最優先で考えてくれている。
私の事をいつも考えてくれる。

こんなろくでもない私によくついてきてくれてるものだ。

彼女からのメールがくるが、私から最近連絡をしていない。

時間がない訳じゃない。
めんどくさい訳じゃない。

少し、考えたい事がある。
一つの事を考えた時に、2つの事を考えられない。

今日、人と会う。
自分に何が出来る訳でもない。
自分に何が話せる訳でもない。
自分に出来る事など何もない。

わかっているがほっとけないのだ。

いらぬ優しさかも知れない。
でも、私はこの感情は優しさだとは思わない。

昔の私はほんとに困った時、苦しい時、悲しい時、誰にも話せなかった。
自分の中に閉じ込めていた。

誰かに聞いて欲しかった。
聞いてもらえるだけで良かった。

彼女は私を許さないかも知れない。
それでも動かずにはいられない。

私は自分の幸せを望まない。
私がした行動により彼女が私を嫌いになれば仕方ない事だと思っている。

今まで付き合ってきて、他の女性と会う事は1度もなかった。
彼女にとってその事を言ってしまえば傷つくことだろう。

だけど嘘はつきたくないから言うつもり。
彼女をほったらかしてでも、動かなきゃいけない時がある。

こんな私は人を好きになる資格はないよな・・・。
こんな私は誰かを守る資格はないよな・・・。
[PR]
by panyanowakki | 2006-05-27 05:08 | 今考えやんと、いつ考えんねん

決心

今回「今、考えやんと」です。

ん~最近ブログのトラックバックが邪魔。
儲かる話とか、アダルト系とか・・・
消すのが大変!
旅行明けに見たら、15件くらい・・・

まぁ、そんな話はどうでもいいね^^



自己嫌悪ってみんな一度はあると思う。

今、まさにオイラは自己嫌悪なんだけどね。

五月病?まったく何するのもめんどくさい。

駄目人間だw

人間として尊敬されたり、偉い人にはなりたいとは思わんけど、自分を磨かなきゃってよく思う。
で、何を磨く?

昔は人の気持ちになって考えたりしてたけど、自分の事で精一杯になって最近はまったく。

自分を磨くって難しいよね。
自分に厳しくならなきゃって思うけど、自分には甘いです。
そして人には冷たいです。←実際そうです。

こういうブログで話してたり、コメントしてたりするのをたまに見直すと、オイラっていい人ぶってるとつくづく思う。

実際に冷たい人なんです。たけやんなら知ってると思うけどw

でも優しい男になるつもりはまったくない

ひねくれてるのかな?人の優しさが嫌いだったりします。

そして孤独が好きだったりします。

正直、人間が嫌いなんだよね。自分も含めて。

でもその中で好きな人もいて、ブログを通して知り合った人は好きな人が多いです。これはいい人ぶってる訳でもなく本当にね。

自分を磨く為には変わらなきゃいけない部分もあると思う。
年齢を重ねると、それが難しくなる。

固定観念が邪魔をする。
人の考えを取り入れられなくなる。
自分がいつも正しいのだよね。

うんざりする

自分が言った事を守れない時がある。
自分が決めた事を守れない時がある。

自分に甘いよな・・・。

1年前に作った詞を見た。
「決心」

口だけ達者で恥ずかしくなった^^

決心
[PR]
by panyanowakki | 2006-05-22 07:43 | 今考えやんと、いつ考えんねん

投稿拒否

最近忙しくて投稿できません。←してるやんw

おいおい・・・来月まともに1日休めるの1回かよ・・・・。

休み使って出張ってありえんし・・・。

そんで、今日現場で頭を打った!

頭の上に星が5つぐらいの出る衝撃!
ひよこも2羽ぐらいかな?


たんこぶすげぇよw
[PR]
by panyanowakki | 2006-05-16 19:07 | 今考えやんと、いつ考えんねん

昭和

「今、考えやんと・・」です。

時間もないのに記事を書いてます。
しかも、また個人的な記事なのでつまらんです。

自分が傷付く時って辛いよね。他人の言葉や行動でふいに傷付いたりする。
きっと心が純粋な人ほど傷付きやすい。
胸が痛くなって、その悲しみが涙に変わり、その経験が優しさに変わる。

貧しさは、心の臆病さが生まれる。子供の頃は劣等感を知るし、人をうらやむようになる。
経済的な貧しさ、心の貧しさ・・・でも貧しさから学ぶ事は多い。

心が弱いと思う人は強い人になりたいと願う。
自分に足りないものを願う時、よく「ああいう人になりたい」とか聞く。
「ああいう人になりたい」のじゃなく、「なればいいことなのだ」
それにはたくさんの痛みも覚えるだろう。

人に裏切られる事が重なると、人を信じれなくなる。何もかもわからなくなる。
孤独になり、人間不信、口は嘘を吐く為無にあるのだと思い込む。
本当の事だけが知りたくなる。

知る事の痛みは、やるせなさを覚える。口に出せない事がある。口に出しちゃいけない事がある。

愛する人が出来てしまった時に、何らかの理由でその愛が終ってしまう。
一度愛したものは、なかなか忘れてしまう事はできない。
愛というのは、そう簡単に口にする事は出来ない。





オイラは色んな経験を詞にする。
それは正しくもなく間違ってもなく。
罪と罰を繰り返し、裏切りと真実を繰り返し、1つの詞を作った時に自分の中の何かが解き放たれる。汚れてしまったオイラの心も、詞を書くときは純粋になれる。

18年前に長渕 剛が作った唄。「昭和」

昭和天皇が亡くなった時に作った唄だ。

言葉少なめだが、メッセージとしてはわかりやすく、心に響く。

23日に父が亡くなったのは前の記事に書いたが、その葬式に剛が言った言葉。

「命というものは、儚い。儚いからこそ美しい。」
「桜というものは、花が咲くのが美しいのではない。」
「儚く、散ってゆくからこそ美しいのだ。」
「父ちゃんは、桜だ。儚く散った命だからこそ美しい。」

はかなさが美しいから
死にたくてもまた歩いた


18年の時を経て、やっとこの唄の真髄に辿り着けた気がする。





         「昭和」  


傷付けば傷付くほど 優しくなれた
貧しさは大きな 力になり
意気地のなさは 勇気に変わる
ひねた瞳は 真実を欲しがる

真実はとてつもなく 激しかった
愛せば愛すほど 苦しくなる
はかなさが 美しいから
死にたくても また歩いた


俺は今真夜中の湾岸をとばしてる
カーラジオ消して受話器を耳にかたむける
進路は東へとお前の声を聞きながら走る
とうとう昭和の歴史が終わった

悲しめば悲しむほど 想いやれた
悔しさは大きな 力になり
力はいつしか 詩になる
許せないのは 自分となる


俺は今受話器を静かに置いた
あぁ吹きすさぶ強く冷たい風に抱かれたい
夜明け前の街が確かに動き始めてる
とうとう昭和の歴史が終った

夜明け前の街が確かに動き始めてる
とうとう昭和の歴史が終った



オイラはこの人の歌にたくさんの事を学んだ。
それが正しいという事ではなく、生きてく上で悩まされた時に歌を通して進む道を教えてもらった気がする。

いわば、道標的存在。

昔の綺麗な声から、挫折を味わいアルコールの高い酒で声をつぶした過去。
しわがれた枯れて霞んだ太い声は、今尚オイラの心に響く。

芸能界の嫌われ者。だけどあなたの歌はオイラの心に深く骨身に沁みります。
[PR]
by panyanowakki | 2006-05-01 20:07 | 今考えやんと、いつ考えんねん

他界

「今、考えやんと・・」です。
しかも、おもいっきり個人的な話でつまらんと思う。

23日、オイラの尊敬するアーティストの長渕剛さんの父が他界した。
オイラが剛を知ったのは今から21年前小学校6年生の時。

もっと前から知っていたが嫌いだった。
その理由はもっと幼かった頃、石野真子がオイラのアイドル的存在だった頃にさかのぼる。

結婚したんだよね、この2人。ショック!ただそれだけの事w

家庭環境に悩まされた日々に自殺を考えた時期。
泣きながらテレビを見ていた時、CM中に1つの音楽が流れた。

「STAY DREAM」

死んじまいほどの 苦しみ悲しみ
そんなものの 1つや2つ
誰もがここ あそこに ほら 背負い込んでるもの
腰を下ろし ふさぎ込んでも 答えはNotthing・・・

ぶっ飛ばしたほどの 怒りや悔しさ
そんなものの 1つや2つ
殴れた痛みは 未来への ワンステップ
尽くせぬ自由は がんじがらめの不自由さの中にある

くよくよするなよ 諦めないで just like Boy
その痩せこけた 頬のままで
果てしない迷路の中を
人はみんな 手探りしてでも Stay Stey Dream
そう Stay Stey Dream  Stay Stey Dream


何気に耳に入り込んだ歌に励まされた。
オイラが今生きてる事、自分の性格が変わった事は、この人がいたからというのは過言ではない。

世間帯では剛の持つイメージは悪いだろう。
乱暴者、不倫、麻薬・・・

過去にあった事は事実。
でも、剛はイメージ通りの乱暴者ではない。
あれはドラマ(とんぼ)の影響が大きかった。

剛の目は少年の目であり、深い悲しみを知った目。

鹿児島に生まれ、父は警察官。生真面目な父の背景には家庭という環境に悩まされた少年時代。
オイラの過去と似てる部分がある。
18歳で家を飛び出し音楽の道を選んだ剛。
鹿児島という故郷を捨てた決意を歌にしてる。

「いつかの少年」

俺にとって鹿児島は いつも泣いてた
ひ弱で不親切で 邪険な街だった
親父とお袋は泥にまみれ 銭をうらやみ
そのど真ん中で俺は 打ち震えていた

ごうごうと不安が立ち昇る住家を
凍える風が暮らしを すり抜けてゆく
雨どいをつたう雫を見るのが たまらなく嫌だった
逃げだしたくて思いを 掻き毟るだけだった・・・

俺の人生は 何処から始まり
いったい何処で終ってしまうんだろう?
突き動かされるあの時のまま
そう いつかの少年みたいに

乾ききれない浴衣が 揺れていた
縁側の向こう遠い記憶が霞んでく
俺は今揺れる船の上に立ち
叩きつける7月の雨を見ている

全てが1秒ごとに 意味深く進んでる
水平線からどてっぱらに陽が昇る
今日と昨日とが激しく違う事を知った今
俺は鹿児島をつんざく波に捨てた・・・


剛の歌に影響されて詞を作り始めた。
剛の言葉には、悲しみがあり、淋しさがあり、強さがあり、命がある。

そう感じるまでに時間はかかった。
4、5年前、それ以上か?
剛の母が、子宮がんに侵され痴呆症になった。

その時の歌だ。

「MOTHER」

呆けた母ちゃんが遠くを見てる
病院のベットで死んだように
俺の少年ばっかり探している

俺は母ちゃんの手を握る
母ちゃんは俺に笑いかける
その後すぐにずっと遠くを見た

俺の机の引き出しには
まともな字を書けた頃の
大きな女性(ひと)の手紙が閉まってある
どれだけ人を愛しても愛しぬいたとしても
母親の子宮(からだ)に戻る事は出来ない

それは怖いという事じゃない
それは弱いという事じゃない
それは男らしくないないという事じゃない

とどまる事の知らない不安が
別の女を欲しがってる
抱いても抱いても最後には孤独(ひとり)になる

oh MOTHER
oh MOTHER
oh MOTHER 笑ってばかりいる

だから俺が何故笑ってるんだいって聞くと
また遠くを見てただ笑ってるだけ

高速道路の下を俺は
死にかけた母ちゃんを病院へ
ゆっくりゆっくり走らせている

もうすぐ母ちゃんは俺が誰かも
そしてここが何処かも
そして全てわからなくなってしまうだろう

いらだつ俺はうちへ帰り
溜め息を2つ吐き
屋上へ足早に駆け上った

煙突の向こう
俺たちはいつかのしゃぼん玉みたいだ
いったい俺たちは何処へ流れてゆく・・・


この歌詞のシャボン玉とはドラマの「シャボン玉」の一部分を指している。

数年後、最愛の母は他界した。
その歳のコンサートで剛が歌った「MOTHER」は今でも鮮明に記憶に残る。

母が危篤を知った時、剛はハワイにいた。
帰国するにも便がなかった。
たまたまハワイにいた日本人が航空チケットを譲ってくれた。

すがる思いで帰国。
「母ちゃん、頑張ってくれ、頑張ってくれ」
病院に到着した時にはもう、当然意識はなく死の直前。

剛は母の手を握り
「母ちゃん、頑張ったな、よう頑張ったな。」って手を何度も握りしめた。

最後の最後の息を振り絞り、母は 剛の耳元に小さく息を吹きかけた後、亡くなったそうです。

人はいずれ死ぬ。
当然オイラも死ぬ。
だけど、死ぬまで生きなきゃて思う。

オイラと剛の共通点。
家族に悲しみを覚え、両親を憎み、そしてたまらなく愛した事。

剛の「シャボン玉」という歌のフレーズにある一部分。

逃げ場所のない覚悟が 夢に変わった
オイラもこう思える時がくるだろうか・・・

家族に対して向き合えなかった過去。
他人には触れられたくない過去。

剛が初めて家族と向き合った歌。
オイラが小学校6年の時に出会った歌。

そのコンサートで剛が泣きながら歌った。
招待した家族も泣いていた。

「LISENSE」

幼い頃 俺はいつも 海が好きだった
バラック小屋に4人暮らしで とても幸せだった
むき出しのプロパンガス コールタールの壁 壊れかけた雨戸
夕暮れの背中 あの路地口でいつも おふくろは泣いてた

週末になると 親父はいつも 俺をバイクに乗せた
人気のない海岸線に 親父は腰をおろした
黙ったまんまタバコをふかし ずっと遠くを見てた
生真面目だけの自分の人生に 憤りを感じてた

遮断機が降り 錆びた線路を 蒸気機関車が走る
踏み切り渡ると 川が流れ 繊維工場の煙
回送列車が操車場へ 入るその前に
駆け足で早く 駆け足で早く 家へ帰った

買い物かごを さげたおふくろが 俺の手を引いてゆく
昨日の涙の訳も言わず 優しく唄っていた
河川づたいに大きな影と 小さな影が揺れる
子供達の為だけに ただ優しく唄ってた

親元を離れ 戸惑いながら 月日は流れていった
薄汚れた都会の ベランダから 見えない海を眺めてた
俺は初めて親父やお袋を たまらなく愛した
取ったばかりのカーライセンス 明日 羽田に迎えに行く


オイラは上記に挙げた歌を聞くたびに、胸が痛くなる。
それは悲しみではない。

あなたが居たからこそ感じられる幸せだったりする。

憎しみ、悲しみ、愛した家族。
最愛の両親を亡くした剛は何を思うだろうか?

心からお悔やみ申し上げます。
[PR]
by panyanowakki | 2006-04-26 03:09 | 今考えやんと、いつ考えんねん

苦しい(私信)

あ~時間なくて更新やめようかと思ったけど・・・

私信でごめんなさい。

胸が苦しくなった。

悔しい・・
腹が立つ・・・
人間の欲望というか・・・

どうか、人を嫌いにならないで下さい。
どうか、自分を嫌いにならないで下さい。



そいつをぶん殴ってやりたい。

ごめんね、何も出来なくて。
ただ、悔しいです・・・
[PR]
by panyanowakki | 2006-04-23 21:44 | 今考えやんと、いつ考えんねん

うわわ!

時間がない!明日3時起きで仕事だよw
さっき、帰ったところだし!


本社の偉いさんが来る!←来るな!

コメント頂いた方ごめんなさい。
明日も仕事で遅くなりそうなので時間ある時に返信します^^
[PR]
by panyanowakki | 2006-04-19 21:01 | 今考えやんと、いつ考えんねん

宗教

今回「今、考えやんと」です。興味ない方はスルーね。

今回オイラの勝手な考え方なので批判もあると思うけど、ごめんなさい。
日本って宗教いっぱいあるよね。
仏教にキリスト教に日蓮?(創価学会)などなどその他にもたくさんある。
海外でもたくさんある。

宗教の教えって言うのかな?信者にとっては神的存在だったりするんだと思う。
宗教は、信者にとって心の支えだったりする。

ただ、オイラは信じる事は大切、祈る事も大切、だけど困った時の神頼みは好きじゃない。
宗教が悪いわけじゃない。
宗教もいいと思う。

何処の宗教は駄目とかはないと思う。それぞれの良さはあるし間違いもないと思う。

だけどオイラは宗教は好きじゃない。

実はねオイラのオカンは創価学会に入ってる。
姉ちゃんはまた何か知らんけど違う宗教に入ってる。

オイラが宗教が好きじゃない訳はトラウマなんだ。

オイラが産まれる1ヶ月前にじいちゃんが死んだ。
オイラの名前はじいちゃんがつけてくれたんだけどね。

じいちゃんがもう危ないって時に家に医者が来たんだけど、その医者が創価学会の人だったんだよ。
その医者が言ったらしい。
「もう、2,3日の命です。魂を天に送るために窓を開けといて下さい。」って
それを聞いた親父が激怒したらしい。
「勝手に殺すな」とそうとう暴れたらしいです。

結局は2,3日で亡くならなかったのだけど、1週間くらいで亡くなったのかな?

それから親父は創価学会が大嫌い。
しかしオカンは創価学会の信者。

オカンは苦しい時も創価学会を信じ、祈り続けてきた。
オトンはそれが気に食わない。

毎日が喧嘩。4、5歳の頃だろうか?オイラが物心ついた頃は、夫婦喧嘩で泣いてばかりだった。
罵声が飛び交う小さな家で、押入れの布団に潜って耳を塞いで泣いてばかりの毎日だった。
あまりにも悲しすぎる残酷なまでの家族の悲鳴。
家に帰るのが本当に恐かった。

そろばん塾の帰りなど家の中から聞こえる怒鳴り声がたまらなく嫌だった。
家に帰るのが恐くて 夜、一人誰もいない公園で遊んだ。

ある日、親父は仏壇を燃やした。
メラメラと萌える仏壇。幼い頃のオイラはただ震える事しか出来なかった。

逃げ出したくて、逃げ出したくて、死にたくて、死にたくて。

オイラにとって家族とは悲しい思い出しかない。
愛されていなかったのかも?って思う時が多かった。

だから愛情表現が苦手だったりする。
愛し方がわからない時がある。

高校2年の時、1つの恋愛をし終わった。
別れる時に女々しくもオイラが言った言葉。
「今は別れる。だけど待っていて欲しい。」

好きな人だった。だけど自分から別れを告げた。
事故を起こして動かない足。先の見えない未来。
不安ばかりの夜。
こんな状態で人を幸せにできるだろうか?
先の見えない未来、動かない足は躊躇なく臆病というものが心を支配する。

家の中はまた夫婦喧嘩。我慢できずに初めて親父を殴った。
「親を殴るお前は俺の子じゃない」
そう言って親父は家を出て行った。

握り締めたこぶしはやり場がない。
悲しかった。
辛かった。
死にたかった。

そしてオイラは別れた彼女に公衆電話から電話をした。
「待ってて欲しいと言ったけど、もう待たなくていい。」
そして電話を切った。
彼女にはこの悲鳴を見せたくなかった。

公衆電話に捨ててきた恋。
胸が張り裂けそうなくらい痛くて寒くて泣いた。

だけど自分が決めた事。

働き出してから付き合った子に言われた事がある。
「うちのとこの両親は環境が悪い人と結婚するなって言われているねん。」
「あっ俺、環境悪いとこで育ったよ。」

「そうなん?」
「うん。」

何日かして彼女が言った。
「昨日、夢見てん。」
「どんな?」

「何かね、あたし子供育ててん。」
「うん。」

「でもさ、相手の男、○ちゃんじゃなかった^^」

今考えると遠まわしのさよならだったかも知れない。

少しはわかるんだ。環境が悪いと家族をうまく愛せないって。
確かに自分の家族が出来たとして、家族団欒な家庭を築くのは想像が出来ない。
両親を見てきたからうまく接しれない。

小さい頃にこんな思い出がある。
ママゴト。夫婦ごっこだけど、玩具のご飯やおかずを並べられた時に幼い頃のオイラはそれを手で投げ飛ばした。意味もわからずに普段の親の真似をした。
女の子は泣いた。それから喋ってもらえなくなり嫌われた。

今でもそう、家族愛に飢えてるんだ。
だから家族愛の映画やテレビをみると泣けてくる。

確かに世間を騒がせ人の命を奪い取ったオウム真理教もあるが、
全ての宗教が悪い訳じゃない。批判するつもりもない。

いつも、家族の幸せと健康を祈り信じてきたオカン。オカンそこまで信じる宗教も嫌いではないが、オイラにはトラウマがある。
親父の嫌いな理由もわかる。オイラが親父と同じ経験をすれば、親父と同じく宗教がたまらなく嫌いだろう。

ただ、宗教を通して見てきた自分にとって悲しすぎる過去が大きすぎた。

宗教を通して学ぶ事が多いと思う。
オイラは神を信じない方。

文頭で述べたが、困った時の神頼みが嫌いだ。
昔、記事にした事だが、もし神がいるなら自分の心にいると思いたい。

悲しくて、苦しくて、悩まされて、死にたくなった時に、神様なんていないと思うより、そんな精神が弱くなった状態で「神は何処にいるの?」と聞かれたら、笑って自分の胸を指すくらいの精神力を備えたいと思う。
自分の精神が病んでる時になかなか言える事じゃない。

馬鹿な事をやってもいい。
失敗してもいい。
後悔してもいい。

日々、人間としての成長をしていきたいと思う。

ガンジス(長渕 剛)
[PR]
by panyanowakki | 2006-04-18 02:49 | 今考えやんと、いつ考えんねん

指定型★バトン

あ~部屋の掃除しようと思ったら、いつの間にか床でバク睡・・・。
今からしようと思ったけど、めんどくさい。
つう事で、本日2回目のバトンいきまっせ!

RIGHTはんから貰ってきたバトン。
オイラの場合は「時計」でしてくれとの事で!
つうか、何故「時計」なのだ!


■■■ [指定型★バトン]のルール ■■■
◆廻してくれた人から貰った【指定】を【】の中に入れて答える事。



◆最近思う【時計】
最近の時計って知らんwつうか時計しないし^^
でも、最近の時計ってオシャレだなって思うな。
時計は自分では買った事がない!
腹が減ったら食う。眠たくなったら寝る。
携帯の時計でオイラは十分w
本来の目的はさ、時間を知るだけなのに高いものは高いよね。
たけやんとか地元のツレとかロレックスの時計買ったらしいけど(20万以上?)価値がわからんw
オイラは時計は時刻が分かればいい。
時計に関わらず、全てがそうなんだけどね。
車は乗れたらいい。
服は寒くなかったらいい。
オイラの実家は貧乏で、小さな家で昔は恥ずかしかったけど、暮らすのに何の理由も要らないと思うんだよ。
ブランドとかさ、憧れた時期もあったけど見栄をはったり、格好つける必要はないんだよね。
安いものでも、良いものや丈夫なものがあるし。
人からは価値観が違うって言われるけど・・・つうか、「時計」だったね^^話それたよw

◆この【時計】には感動!!!!
高2の時にクリスマスプレゼントに彼女から貰った時計。
アナログの時計なんだけど、時間の数字(1~12)が書いてないんだよ。
しばらく気が付かなかったけど、彼女もしてたんだよね。
ペアーウォッチ。大切にしてたな。別れてからもしてた未練がましい男だったけどw
壊れて机の引き出しに閉まってたけど、オカンがいつの間にか捨ててた!

◆直感的【時計】
むむむ・・どう答えたらいいのかw
仕事では時間に追われる毎日だね。
時計をしないのは昔、時間を気にする癖があったからね。
彼女といる時とか、時間チラチラ見るの失礼かなって思うようになってしなくなった。

◆好きな【時計】
特にないけど、デジタルよりアナログの方が好きかな。
時間がすぐに狂わなければ良し。

◆こんな【時計】は嫌だ!  
電話の時刻アナウンスみたいに随時時刻を知らせる時計。
「2時55分5秒前をお知らせします。ピッピッピッピップ~」ウゼェw

◆この世に【時計】がなかったら・・・
まぁ仕事以外では大して必要ないかも・・・。
確か、人間の影で時間がわかるって小学校の時に習った記憶があるけど忘れたw

◆次に廻す人、5人(【指定】付きで )
時間あって、やってもいい人。コメント下さい^^
【指定】は、その時に考えます^^

4月だからね、みんな忙しいだろうけど^^
オイラも最近忙しい^^
7時間は寝ないと起きれない体質なのに、家に帰ったら、もう寝る時間・・・。
風呂、飯30分以内に済ませなきゃって具合。
洗濯、溜まってるし・・・

それでもブログ訪問だけは欠かせないオイラってアホだ!
つうか、洗濯しなきゃ^^・・・・・雨降ってるし・・・。
[PR]
by panyanowakki | 2006-04-16 03:10 | 今考えやんと、いつ考えんねん